個人再生と清算価値ってどんな関係があるの?

借金を5分の1程度に減額できる個人再生ですが、個人再生について調べていて「清算価値」という言葉がひっかかったことはないでしょうか。

清算価値は、個人再生において借金減額の基準となる大事な数字です。しかし、実際にどんなものを清算価値というのかは知らない人が多いでしょう。

ここでは、清算価値とは何かをわかりやすく説明したうえで、個人再生での借金減額とどんな関係があるのかをまとめていきます。

個人再生での「清算価値」とは

個人再生では、財産をすべてお金に替えたときの価格を「清算価値」と呼びます。

例えば、80万円のバイクを持っている人の清算価値は80万円になります。1200万円の家と150万円の車を持っている人なら、清算価値は1350万円です。

個人再生で財産に数えられるものには、土地や建物といった不動産、自動車といったわかりやすいものに加えて、退職金見込額や保険の解約払戻金なども含まれます。

換金したときに20万円以上の価値があるものは財産とみなされる、と考えればよいでしょう。20万円未満のものは、財産とみなされることはほぼありません。

個人再生では清算価値が借金減額の基準になる

個人再生で清算価値がなぜ重要なのかというと、借金の元本を減額するときの基準の一つが清算価値だからです。

もう一つの基準は最低弁済額の基準で、借金額ごとに以下のような基準が設けられています。

借金100万円以下:借金額の全額
借金100万円~500万円:100万円
借金500万円~1500万円:借金額の5分の1
借金1500万円~3000万円:300万円
借金3000万円~5000万円:借金額の10分の1

個人再生での借金減額は、この2つの基準のうち高い方までとなります。

例えば、同じ借金1000万円の人でも、財産がない人は清算価値が0円なので返済額は200万円になります。一方、300万円の車を持っている人の場合、清算価値のほうが高いので返済額は300万円になります。1000万円以上の財産がある人は、借金がまったく減額されません。

まとめ

個人再生において、清算価値とは財産をすべてお金に替えたときの価格を意味しています。財産とみなされるものには不動産や自動車などのほか、20万円以上の価値がある様々なものが含まれます。

個人再生では、借金額ごとに定められた最低弁済額の基準と、清算価値とのうち高い方が返済額となるルールになっています。借金額に対して清算価値が高すぎる場合は個人再生でまったく借金が減額されなくなってしまうので、注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です