「個人再生すると引っ越しできない」というのは間違い!

個人再生は法的に認められた正式な債務整理手続きの一つですが、借金問題に絡むためか、誤ったデメリットが情報として広まってしまっている面があります。

「個人再生すると引っ越しができなくなる」というのもその一つで、実際には問題なく引っ越しや賃貸契約を行うことができます。

個人再生すると引っ越しできないという決まりはない

個人再生をしても、引っ越しをすることに制限は一切かかりません。

「個人再生をすると引っ越しできない」という情報は、自己破産をした際、破産手続き中に引っ越しをするには裁判所の許可が要る、という情報が誤って伝えられたものだと考えられます。

実際には、個人再生したからといって引っ越しに許可が必要になったり、引っ越しを禁止されたりすることはありません。

個人再生の後でも賃貸住宅は借りられる

個人再生すると賃貸契約ができなくなるというのも誤った情報です。

個人再生すると約5年間「信用情報機関」に情報が登録されて「ブラックリスト」と呼ばれる状態になりますが、賃貸住宅を提供している不動産会社や大家は、信用情報機関の情報を見ることができないため、そこから不動産会社や大家に個人再生が知られることはありません。

また、個人再生は法的に認められた正式な手続きであり、何ら後ろめたいことではないため、バレたからといって賃貸契約を拒否する法的な理由にはなりません。

個人再生後に賃貸契約をするなら「信販系」以外の保証会社を

ただし、個人再生でブラックリストに載っている間は、アプラスやエポスカードなどの「信販系」と呼ばれる保証会社の審査に落ちやすくなると言われています。

信販系の保証会社はクレジットカード事業などを行っているため、信用情報機関の情報を参照している可能性がある、というのがその理由です。

もし、信販系の保証会社で審査に落ちたとしても、不動産会社などに信販系以外の保証会社を紹介してもらうことは可能なので、賃貸契約自体に問題はありません。

まとめ

個人再生を行っても、引っ越しが制限されたり、許可が必要になったりすることは一切ありません。賃貸契約も差し支えなくできます。

ただし、個人再生後でブラックリストに載っている間は、信販系の保証会社の審査に落ちやすくなると言われています。もし信販系の保証会社が使えない場合は、不動産会社などに信販系でない保証会社を紹介してもらうとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です