個人再生するとローンはどうなる?

自動車ローンや住宅ローンなどのローンを現在組んでいる人は、個人再生すると今のローンがどうなるのかは気になるところでしょう。

また、個人再生した後にローンを組みたいと考えている人もいるかもしれません。

ここでは、個人再生するとローンがどうなるのかを自動車ローンと住宅ローンの例で説明し、個人再生後にローンを組みたい場合はどうすればいいのかをまとめていきます。

個人再生すると自動車ローンは整理される

個人再生ではすべての借金を同じように整理しなければならないというルールがあるため、現在自動車ローンが残っている人が個人再生すると、自動車ローンも整理の対象となることで、ローンで買った自動車がローン会社に引き上げられることになります。

自動車ローン以外の各種ローンも整理されるので、ローンで買ったものが引き上げられたり、ローンを利用して受けていたサービスが利用できなくなったりします。

個人再生しても住宅ローンは残せる

個人再生では、住宅ローンのみ「住宅ローン特則」という制度を利用することで整理の対象から外すことができ、家を失わずに個人再生することが可能です。

住宅ローン特則を利用した場合、個人再生後は以前と同じように住宅ローンを支払いながら、減額された他の借金を返済していくことになります。

個人再生後にローンを組みたい場合

個人再生の後は約5~10年間、ローン会社などが加盟している「信用情報機関」に個人再生の情報が登録され、いわゆる「ブラックリスト」状態になります。

ブラックリストに載っている間は借金ができないので、各種ローンを組むこともできません。

ただし、ブラックリストによる制限を受けるのは個人再生した本人だけです。家族は何の影響も受けないため、家族の名義でローンを組むことは可能です。

個人再生後にローンを組みたい場合は、約5~10年間待ってブラックリストが解除されてから組むか、家族の名義でローンを組んでもらうとよいでしょう。

まとめ

個人再生すると、すべての借金が整理されるため基本的には各種ローンも整理されます。そのため、例えば自動車ローンの場合なら、ローンで買った車がローン会社に引き上げられるといった結果になります。

しかし、住宅ローンのみ「住宅ローン特則」を利用することで個人再生の対象から外し、住宅を残すことができます。

個人再生後にローンを組みたい場合は、5~10年程度待ってブラックリストが解除された後に組むか、家族の名義でローンを組んでもらえるよう頼むことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です