個人再生すると銀行口座が凍結される!対策しよう

銀行から借金をしているときに個人再生すると銀行口座がどうなるか、気になる人は多いでしょう。

結論から言うと、借金をしている銀行の口座は凍結されて使えなくなります。そのため、銀行口座が凍結されても大丈夫なように、事前にいくつかの準備をしておく必要があります。

ここでは、個人再生で銀行口座が凍結される仕組みを説明し、やっておくべき準備についてまとめていきます。

銀行からの借金を個人再生すると銀行口座が凍結される

個人再生ではすべての借金を同じように整理しなければならないというルールがあるため、銀行カードローンや銀行が提供している各種ローンなど、銀行からの借金があるときに個人再生すると、銀行の借金が整理されて銀行口座が凍結されることになります。

銀行からの借金がないときなら、個人再生で銀行口座が凍結されることはありません。

口座の凍結は一時的なもので、1~3カ月程度経つと解除されますが、凍結中は預金の引き出しや引き落としができなくなってしまいます。

なお、同じ銀行の別の支店に口座を複数持っている場合、すべての口座が凍結されるので注意してください。

銀行口座の凍結に備えて個人再生前に準備しよう

銀行口座が凍結されるときにお金が残っていた場合、預金の残高は借金と相殺されてしまうため、個人再生する前に預金をすべて引き出しておきましょう。

また、銀行口座が給料の振込先になっている場合は、お金が引き出せなくなってしまうので別の銀行の口座を振込先に指定しておきましょう。

同様に、銀行口座が電気代やスマホ代などの月額料金の引落先になっていた場合も、凍結によって支払いが滞ってしまうので、別の口座を引落先に指定しておきましょう。

まとめ

銀行からの借金があるときに個人再生をすると、銀行の借金が整理されるので、口座が凍結されることになります。

凍結中は預金の引き出しや引き落としができなくなり、銀行口座にお金が残っている場合は残高が借金と相殺されてしまいますので、事前に預金をすべて引き出しておいた方がいいです。

また、銀行口座が給料の振込先や電気代などの月額料金の引落先になっている場合は、個人再生前に別の口座へ変更しておく必要があります。

「個人再生すると銀行口座が凍結される!対策しよう」への1件のフィードバック

A WordPress Commenter にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です