個人再生は家族に秘密でできる?家族への影響はある?

夫や妻、子どもなど家族がいる人の中には、「個人再生したくても家族にバレないか心配」「家族への影響が気になって個人再生できない」という悩みを抱えている人も多いと思います。

ここでは、家族に秘密で個人再生はできるのか、個人再生すると家族にはどんな影響があるのかをまとめていきます。

個人再生は家族に秘密でできる?

個人再生を家族に秘密でできるかどうかは、家族が同居しているかどうかが大きく関わってきます。

個人再生では家計の状況を正確に報告しなければならないため、本人の収入に加えて同居している家族の収入も証明する必要があります。

つまり、家族が同居している場合は家族全員の収入がわかる書類(給与明細・確定申告書・年金通知書など)を提出しなければならないので、家族に秘密で個人再生するのは難しいといえます。

逆に、家族が別居の場合は家族の収入がわかる書類が必要にならないので、家族に秘密で個人再生できる可能性はあります。

個人再生すると家族にどんな影響がある?

個人再生で家族に最も深刻な影響が出るのは、家族が保証人になっている借金があるときです。

個人再生は裁判所を通す法的な手続きなのですべての借金を整理の対象に含めなければならないため、家族が保証人の借金がある人が個人再生をすると、家族に借金の残高が一括払いで請求されることになります。

こうした事態を避けるには、裁判所を通さないので整理する借金を自由に選べる任意整理を利用するのがよいでしょう。

このような場合を除くと、個人再生のせいで家族に請求が行くことはありません。

また、家族の財産が差し押さえられたり、家族がブラックリストに載ってクレジットカードやローンの利用などができなくなったりということもありません。

まとめ

個人再生では同居している家族の収入がわかる書類を裁判所に提出する必要があるため、家族と同居の人は家族に内緒で個人再生をするのは難しいといえます。

家族と別居の場合は家族の収入がわかる書類が必要とならないので、家族に内緒で個人再生できる可能性があります。

個人再生で家族に最も影響が出るのは家族が借金の保証人になっている場合で、保証人付きの借金が整理されることで家族に借金の残高が一括払いで請求されます。

家族が保証人になっている場合を除けば、個人再生したことによって家族に請求がいくことはありません。また、家族の財産が処分されたり、家族がブラックリストに載ったりすることもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です