会社にバレずに個人再生したい人が読む3つのポイント

返しきれない借金を個人再生でなくしたいと思っている人にとって、「会社にバレてクビになるのではないか」という不安は切実なものだと思います。

ここでは、会社にバレずに個人再生するためのコツや、会社からの借入がある場合について、会社にバレた場合はどうすればいいのかといった内容を説明していきます。

会社にバレずに個人再生するためのコツ

個人再生が会社にバレる原因は主に2つで、一つは自分から会社の人に借金や個人再生のことを相談してしまった場合です。

社内カウンセラーなど守秘義務のある人に相談するのはいいかもしれませんが、社内の友人や同期の人などに相談した場合、うわさが広まってしまうという可能性はあるので注意してください

もう一つは、個人再生で必要となる退職金見込額証明書を発行してもらうときに理由をそのまま言ってしまった場合です。

退職金見込額証明書の発行時に個人再生のことが会社にバレないようにするためには、「住宅ローンの審査に必要なため」など、他の理由をあらかじめ考えておくとよいでしょう。

会社からの借入があると個人再生がバレる

個人再生は裁判所を通す法的な手続きであるため、すべての借金を平等に整理しなければならないという決まりがあります。

会社からの借入も必ず整理しなければならないので、裁判所から会社へ「個人再生が開始されました」という旨の通知が送られます。

そのため、会社からの借入がある場合は会社に個人再生がバレるのは避けられません

個人再生が会社にバレたらどうすればいい?

個人再生が会社にバレたとしても、個人再生だけを理由としてクビになることはありません。

労働契約法により、解雇には「客観的に合理的な理由」がなければならないと決められています。

個人再生は法律で認められている正式な借金減額の手続きであり、それ自体が悪いことではないので、解雇の正式な理由にはなりません

つまり、個人再生がバレたとしても会社をクビになることはまずないということです。

もしも個人再生をしたせいで会社をクビになったら不当解雇として抗議できますので、弁護士に相談してください。

まとめ

会社にバレないように個人再生するためには、会社内の人には相談しないこと、退職金見込額証明書を発行してもらうときは理由を考えておくことといったコツがあります。

なお、会社からの借入がある場合は個人再生が会社にバレるのは避けられません。

しかし、個人再生が会社にバレたとしても、それだけでは解雇の正式な理由にならないため、会社をクビになることはまずありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です