個人再生後に繰り上げ返済したい人が読む3つのポイント

個人再生で減額してもらった借金の返済中に遺産相続やボーナスなどの臨時収入があった場合、借金を繰り上げ返済してしまいたいと思うのは自然なことです。

個人再生後に繰り上げ返済をすることは可能ですが、いくつか注意すべきポイントがあります。

個人再生の直後に繰り上げ返済をすると財産隠しを疑われる

個人再生は、お金が足りなくて借金を返済するのが難しいという人を救済するための制度です。

また、個人再生には「清算価値保障の原則」というルールがあり、持っている財産の価値に相当する金額は最低でも返済しなければならないと決められています。

そのため、個人再生を行った直後に繰り上げ返済をしてしまうと、お金を借りた会社から「この人は財産があったのに隠していたのではないか?」と疑われることになります。

個人再生の取り消しを求めて裁判所に申し立てをされることにもなりますので、個人再生の手続き直後は繰り上げ返済を行わないようにしましょう

個人再生後の繰り上げ返済はすべての会社に対して平等に

個人再生は裁判所を通して行う法的な手続きであるため、すべての借入先に対して平等に返済を行わなければならないというルールがあります。

個人再生後に繰り上げ返済をする場合でもこのルールは適用されますので、それぞれの借入先に対して借金の金額に応じて均等に繰り上げ返済をする必要があります

そのため、繰り上げ返済を行う場合は事前に弁護士や司法書士と相談して返済の仕方を決めたほうがよいと言えるでしょう。

個人再生後に繰り上げ返済をするメリット

通常の借金を繰り上げ返済すると、支払わなければならない利息の金額が小さく抑えられるというメリットがありますが、個人再生では利息が0円になるため、手続き後に繰り上げ返済をした場合でも返済総額は変わりません

また、繰り上げ返済をしてもブラックリストから早く消えるなどのメリットはありませんので、その点は覚えておいてください。

つまり、繰り上げ返済のメリットは返済の負担から早く解放されるという精神的な安心感が得られるということのみだといえます。

まとめ

個人再生の後で繰り上げ返済をすることは可能ですが、手続きの直後に繰り上げ返済してしまうと財産隠しを疑われることになるので避けましょう。

また、繰り上げ返済をする際には弁護士や司法書士に相談したうえで、すべての借入先に対して平等に返済するようにしてください。

繰り上げ返済をしても返済総額が減ったりブラックリスト期間が短くなったりすることはありませんが、返済の負担から早く解放されるという精神的な部分でのメリットはあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です