個人再生のオーバーローンとは?2つのポイントでわかりやすく解説

住宅ローン完済前の家を残して個人再生したいという人の中には、「家がオーバーローンでない場合の個人再生には注意」といった情報を目にしてオーバーローンとは何なのかと疑問に思った人も少なからずいると思います。

ここでは、「オーバーローンとはどのような状態をさすのか」「家を残して個人再生するときになぜオーバーローンが重要なのか」という2つのポイントでオーバーローンをわかりやすく解説していきます。

個人再生の「オーバーローン」とは?

個人再生では「住宅ローン特則(住宅資金特別条項)」という制度を利用することで住宅ローンが返済中の家を残して借金を減額してもらえるのですが、その際家がオーバーローンかどうかはかなり重要なポイントになります。

オーバーローンとは、住宅ローンの残高が家の価値よりも高い状態のことをいいます。例えば、住宅ローンの残高が1500万円で家の価値が1200万円の場合はオーバーローンだということです。

反対に、住宅ローンの残高が1500万円で家の価値が1700万円の場合、その家はアンダーローンということになります。

個人再生でなぜオーバーローンが重要なのか?

家がオーバーローンかアンダーローンかが重要な理由は、個人再生では「持っている財産の価値と同じ金額は返済しなければならない」というルールがあるためです。

オーバーローンの場合、家は売却しても利益は出ないため、財産だとみなされません

先述のオーバーローンの例でいえば、住宅ローンが1500万円残っているため、家が1200万円で売れたとしても結果的に300万円損することになるので、その家に実質的な価値はなく、財産にはあたらないという判断になるのです。

逆に、アンダーローンの場合は家を売却した場合に利益が出るため、利益分は財産とみなされます

こちらも先述のアンダーローンの例でいうと、住宅ローンが1500万円残っていても、家が1700万円で売れれば結果的に200万円の利益を得ることになります。

この場合、その200万円は財産とみなされるため、借金が200万円未満に減額されることはありません。

つまり、家がオーバーローンなら特に問題なく家を残して個人再生できますが、家がアンダーローンなら利益分を返済するか家を処分するか選ばなければならないのです。

まとめ

オーバーローンとは住宅ローンの残高よりも家の価値が小さい状態のことをいい、家がオーバーローンなら特に問題なく家を残して個人再生することができます。

一方、住宅ローンの残高よりも家の価値が大きい状態の場合はアンダーローンといい、個人再生する場合は利益分を返済するか家を処分するか選ぶ必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です